netkeiba.com

【海外競馬】ユニコーンS、JDダービーがケンタッキーダービー選定競走に追加

2020年05月23日(土) 14:45

昨年は日本馬マスターフェンサーが参戦したケンタッキーダービー

 JRAは23日、2019・20年度の『JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY』に、ユニコーンS(6月21日・GIII・東京ダ1600m)、ジャパンダートダービー(7月8日・JpnI・大井ダ2000m)の2競走が追加されたことを発表した。配点は1着40点、2着16点、3着8点、4着4点。

『JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY』は、日本馬を対象としたケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズ。構成競走の4着馬までにポイントを付与し、合計ポイント最上位の馬が、アメリカのチャーチルダウンズ競馬場で行われるケンタッキーダービーに出走できる。合計ポイントが同点の場合は獲得賞金により順位を決定し、シリーズ1位馬が辞退の場合は上位4位まで順次繰り上がる。

 競走の追加は、本年のケンタッキーダービーが当初予定の5月2日から、新型コロナウイルスの影響で9月5日に延期されたことに伴うもので、2019・20年度限定の措置。

 本来の構成競走は3月28日の伏竜S(OP)で終了しており、現時点ではヘルシャフト(牡3、栗東・野中賢二厩舎)が40点で首位。カフェファラオ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)が30点、ヴァケーション(牡3、川崎・高月賢一厩舎)が20点で続いている。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す