netkeiba.com

島田明宏氏の競馬ミステリー最新作『ノン・サラブレッド』刊行!

2020年07月16日(木) 18:00

島田明宏氏の競馬ミステリー最新作『ノン・サラブレッド』刊行!

 netkeiba.comの連載「熱視点」でおなじみの島田明宏氏が書き下ろした競馬ミステリー第4弾『ノン・サラブレッド』(集英社文庫、740円+税)が、7月17日、全国の書店で発売を開始する。

【ストーリー】
明治時代の名牝ミラ。血統書がなく、その子孫は純粋なサラブレッドではない「サラ系」と分類された。
1970年代、厩務員の大谷晴男はミラの子孫の暴れ馬ホーリーシャークを担当する。
舞台は2020年代に移り、競馬記者小林真吾のもとに、ミラの血統書を持っているという男から電話がかかってくる。
小林は真偽を確かめるべく動き出す。ミラの血統書は実在するのか。電話をかけてきた男は何者か。
馬産地で取材をつづけた小林は、ついに「真実」に行き当たる――。
一枚の血統書が競馬の歴史を根底から変えるのか。
壮大なる競馬史ミステリー

解説と帯の推薦文は柏木集保氏。

【島田氏コメント】
4年前、グリーンチャンネルでミラの特番の番組ナビゲーターを担当したときから、いつかはミラを題材にした小説を書きたいと思っていました。
もし今ミラの血統書が出てきたらどうなるか。誰か得をする人や損をする人はいるのか。それがもし、ミラの末裔のヒカルイマイが活躍した1970年代だったらどうだったか、と考えました。
物語は、1970年代と2020年代を行き来しながら進められます。それぞれの視点人物は、1970年代は厩務員の大谷、2020年代は新聞記者の小林です。小林は、シリーズ第1弾『ダービーパラドックス』でも主人公だった男です。
この『ノン・サラブレッド』には、netkeiba.comのユーザーの方々にこそ楽しんでもらえる仕掛けが2つあります。
ひとつは、鹿島田明という登場人物の存在です。鹿島田は、netkeiba.comに連載した小説「顔面調教師」に登場した競馬史研究家です。
もうひとつは、土日の「メインレース展望」「重賞レース回顧」などの超人気コラムでおなじみの柏木集保さんによる、巻末の解説です。解説だけでも独立した読み物として楽しめます。
書店には、このページに掲載した、柏木さんによる推薦のポップがディスプレイされます。そちらも楽しみにされつつ、この物語を手に取っていただけると、著者として嬉しく思います。

■ご購入はこちらから:AMAZON(別サイトへ移動します)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す