netkeiba.com

【アイビスSD】ジョーカナチャン軽快リハ!調教順調「自信持って送り出せる」

2020年07月24日(金) 07:00

 軽快な脚さばきで坂路を駆け上がったジョーカナチャン(撮影・石湯恒介)

 「アイビスSD・G3」(26日、新潟)

 重賞初挑戦となるジョーカナチャンが23日、栗東坂路で最終リハ。単走ながらも、リズミカルな動きで好仕上がりをアピールした。過去に直線競馬は1・1・10・2着と好成績。前走の韋駄天Sでは、今回も人気の中心を担うライオンボスを苦しめるスピードを見せた。逆転Vへ向けて虎視たんたん。充実期を迎えた5歳牝馬が、一気にタイトルをつかみ取る。

 朝一番の栗東坂路。白とピンクの厩舎カラーが、いの一番に坂を駆け上がった。真っさらなウッドチップ。そのど真ん中をジョーカナチャンが気持ち良さそうに踏みしめる。軽快なリズムを刻み、単走で4F54秒7-39秒0-12秒4を記録。手応えには十分余裕があった。

 騎乗した内田助手は「(4F)55秒ぐらいで、しまいをサッと伸ばすようにとの指示。動きは何も問題ない」と予定通りのミッションをこなして納得顔。長距離輸送やカイバ食いを加味して木曜追いを選択したが、「硬さもなく、順調。自信を持って送り出せる状態です」と力強くうなずいた。

 2度の骨折で出世が遅れたが、不屈の精神で重賞の舞台まで上り詰めた。仕上げ人は「恵まれない状況が続く中でも、ちゃんと結果を出してきた。地力もつけている」と苦難を乗り越えてきた5歳牝馬をたたえる。

 前走の韋駄天Sでは、昨年の覇者ライオンボスに食らいつき頭差の2着。一昨年の覇者ダイメイプリンセス(3着)には先着した。「自分の競馬をしていた。結果的に相手が強かった」と完敗を認めたが、枠順が結果に大きく左右する舞台だけに、まだ白旗は揚げていない。

 骨折のため、19年はこの舞台に立つことができなかった。20年こその思いは強い。「この馬自身、まだ伸びしろはある。勝った馬は強いけど、(前走では)他の馬と接戦はしていない。ほんのちょっとチャンスはあるかな」。強敵相手は承知の上。これまでの悔しさを糧に、初の重賞挑戦で逆転してみせる。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す