netkeiba.com

ダハービ 初陣を白星で飾る

2020年07月27日(月) 11:30

 昨年秋のタタソールズ・オクトーバー1歳セールにて、セッション2番目の高値となる310万ギニー(当時のレートで約4億3900万円)で購買されたダハービ(牡2、父フランケル)が、25日にニューマーケットのジュライコースで行われたメイドン(芝7F)でデビュー。首差の辛勝ながらも初陣を白星で飾った。

 ダハービは、15年にG1英ダービー(芝12F6y)、G1凱旋門賞(芝2400m)など4つのG1を制し欧州年度代表馬に輝いたゴールデンホーンの半弟で、ゴドルフィンに購買されてC.アップルビー厩舎に入厩していた。

 25日のメイドンでオッズ2.875倍の1番人気に推されたダハービは、前半は中団後ろ目を追走。3F標識を過ぎるあたりから鞍上のJ.ドイルが追い出しにかかると反応よく末脚を伸ばし、残り150mで先頭へ。一旦は1馬身ほど抜けた後、ゴール前で急伸したディノー(牡2、父スタースパングルドバナー)の追撃を首差退けて優勝を飾った。

 同馬は、8月22日に愛国のカラで行われるG2フューチュリティS(芝7F)の登録を済ませているが、現段階で出否は未定だ。

 なお、昨年秋のタタソールズ・オクトーバー1歳市場にて、セッション最高値となる360万ギニー(当時のレートで約5億980万円)で購買された、G1・3勝馬バーニーロイの半弟となるノーブルダイナスティー(牡2、父ドゥバウィ)は、6月7日にニューマーケットのメイドン(芝6F)でデビューし、2着となっている。

(文:合田直弘)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す