netkeiba.com

【門別競馬情報】JRAオープン3勝馬メイショウウタゲ、田中淳司厩舎で復活なるか!大注目の転入初戦「優駿の里安平町道の駅あびら特別」/地方競馬情報

2020年07月30日(木) 12:30

JRAオープン3勝の実績を持つメイショウウタゲ(撮影:下野雄規)

 JRAで重賞やオープン勝ち実績ある実力馬の転入が増えているホッカイドウ・門別競馬。今夜のメイン(最終)12Rで行われる「優駿の里安平町道の駅あびら特別」にも、大注目の転入馬が出走します。2014年3月阪神での新馬勝ちから47戦すべてダートでオープン3勝を含む計8勝、2018年マイルチャンピオンシップ南部杯JpnI・3着(優勝ルヴァンスレーヴ)の実績を誇るメイショウウタゲ。今年もリーディングトップを独走する田中淳司厩舎に転入し、北の大地で「もうひと花」を目指すことになりました。

 田中淳司厩舎の“メイショウ”馬といえば、今季10歳で前年2着だった北海道スプリントカップJpnIIIを差し切り悲願のダートグレード初制覇を成し遂げたメイショウアイアンを筆頭に、メイショウノーベルメイショウブイダンらがかつて在籍したほか、メイショウカゲロウは2014年門別での新馬勝ちから6シーズンに亘って出走するなど年々つながりが強くなっている印象。このメイショウウタゲも今回、力強い“復活走”を見せられるか大いに注目です。

 6月20日阪神ダート1800m「三宮S」を最後に門別に移ると、7月18日から坂路入り。29日まで計20本駆け上がり、20日と26日には速い時計もマーク。さすが直前までJRAで使われていただけあり、状態面の懸念などは一切見受けられない印象で、転入初戦からJRAオープン3勝の地力を発揮する可能性十分と言えそうです。

 レースは7頭立てですが、3年前の道営記念H1優勝馬で昨年も2着に食い込んだステージインパクト、2016年北海道2歳優駿JpnIII・3着のスウィフトハートらも出走。ファンの皆さんにとっては馴染み深い馬名が並んだメンバー構成、ぜひ画面越しに、それぞれ愛着ある出走馬への御声援をいただければ幸いです。

 門別ナイター12R、発走は20時35分です。お見逃しなく!

(文:ひだか応援隊)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す