netkeiba.com

【ナッソーS】ディアドラ最下位 ディープ産駒ファンシーブルーが父の命日に弔い星

2020年08月01日(土) 06:00

 「ナッソーS・英G1」(30日、グッドウッド

 連覇を狙った日本のディアドラ(牝6歳、栗東・橋田)は、道中3番手の外で運ぶも直線半ばで息切れし、最下位7着に敗れた。マーフィーは「直線に向いて仕掛けた時、なぜかあまり反応がありませんでした」と回顧。橋田師は「前回に続いてゲートに入るのをいやがるなど、競馬に対する前向きさがなくなっているように感じました。引き続きニューマーケットでの調教を続けますが、次走については調教内容を変えながら、様子を見て決めていきたい」と話した。

 勝ったのはムーア騎乗の愛国馬ファンシーブルー(牝3歳)。2番手からしぶとく末脚を伸ばし、ディアヌ賞(仏オークス)に続くG1制覇を達成。父ディープインパクトの命日に弔い星をささげた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す