【クイーンS】レッドアネモス重賞初V 友道厩舎ワンツー「何もかもうまくいった」

2020年08月03日(月) 07:00

 馬群から力強く抜け出すレッドアネモス

 「クイーンS・G3」(2日、札幌)

 北の大地にニューヒロインの誕生だ。今が伸び盛りの4歳馬レッドアネモスが、11番人気という低評価に猛反発。力強い末脚で馬群から抜け出し、重賞初制覇を飾った。2着にビーチサンバが続き、友道厩舎のワンツーフィニッシュ。昨年の2着馬で1番人気に推されたスカーレットカラーは3着に終わった。

 真夏の牝馬決戦を制したのは11番人気の伏兵レッドアネモス。道中は中団のインでロスなく進め、直線に向くとエンジン全開。一瞬、前が壁になりそうだったが、狭い馬群の間をこじ開け、グイグイと脚を伸ばして歓喜のゴールに飛び込んだ。

 「敏感なところがある馬なので、馬込みがどうかと思ったけど、1枠だったので枠なりの競馬を。狭いところを、何とかこじ開けてくれましたね」。15番人気アドマイヤジャスタでの函館記念Vに続き、北海道シリーズで今夏2度目の大仕事をやってのけた吉田隼は笑顔で振り返った。

 デビューから2連勝を飾って将来を期待されるも、怖がりな性格が災いして、その後は1勝のみ。今季も重賞戦線でひと息の成績が続いたが、見違えるようなレースぶりで重賞初制覇。愛馬の変貌ぶりに、友道師も「何もかもうまくいった感じ。ここ2、3走も具合は良かったけど、チグハグなレースが続いていたからね」と喜んだ。2着にビーチサンバが続き、終わってみれば友道勢のワンツーフィニッシュ。名門厩舎の底力をまざまざと見せつける形となった。

 あっと驚く勝負根性で、タイトルを手中に収めたレッドアネモスブリーダーズGC(13日・門別、ダート2000メートル)にも登録をしていたが、この勝利で白紙撤回。「走らなければダートと思っていたのですが、結果を出してくれたので今後は芝路線ですね。放牧に出してから考えます」と指揮官はうれしい誤算に表情を緩めた。

 北の大地で充実ぶりを見せつけたニューヒロイン。さらなる大輪の花を咲かせるべく、秋には次なるステージへ挑む。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す