豪女性騎手の半生を描いた映画『ライド・ライク・ア・ガール』が公開中

2020年08月03日(月) 21:00

ミシェル・ペイン騎手の半生を描いた映画が公開中

 オーストラリアで活躍するミシェル・ペイン騎手の半生をもとに制作された映画『ライド・ライク・ア・ガール』が、7月17日より全国の映画館にて公開されている。

 本作は幼き頃にオーストラリア競馬最高の栄誉・メルボルンC制覇を夢見たペイン騎手が、女性ジョッキーとして様々な苦難を乗り越え、史上初の栄冠を手にするまでを描いた物語。

 ペイン騎手騎乗のプリンスオブペンザンスが制した15年のメルボルンCは、日本からもフェイムゲームホッコーブレーヴが出走し注目を集めたレースで、当時は知ることのできなかった勝者のヒストリーが丁寧に描かれるほか、リアリティを追求したレースシーンも評判の作品。

 映画『ライド・ライク・ア・ガール』は、イオンシネマほか全国の映画館にて公開中。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す