netkeiba.com

ファシグティプトン・ノヴェンバーセールに3頭のG1牝馬が上場予定

2020年09月14日(月) 11:30

 11月8日に北米のケンタッキー州で開催される「ファシグティプトン・ノヴェンバーセール」に、モノモイガール(牝5、父タピザー)、ミッドナイトビズー(牝5、父ミッドナイトルート)、ウニ(牝6、父モアザンレディ)という、3頭のチャンピオン牝馬が上場されることが明らかになった。

 2018年にG1・BCディスタフ(d9F)を含めて5つのG1を制し、最優秀3歳牝馬の座に輝いたのがモノモイガールだ。疝痛に見舞われたり、飛節を傷めたりして4歳シーズンは全休したが、5歳になった今季に復活。無敗の3連勝で9月4日にチャーチルダウンズで行われたG1ラトロワンヌS(d8.5F)を制し、次走は11月7日にキーンランドで行われるG1・BCディスタフに向かう予定だ。

 2019年にG1パーソナルエンスンS(d9F)など3つのG1を制し、最優秀古牝馬のタイトルを手にしたのがミッドナイトビズーだ。今年春にはサウジアラビアに遠征し、サウジC(d1800m)で最強古馬マキシマムセキュリティの2着に健闘。この後は、10月4日にキーンランドで行われるG1・スピンスターS(d9F)から、G1・BCディスタフに向かうことになっている。

 2019年秋に、キーンランド芝1マイルのトラックレコードを樹立してG1・ファーストレディS(芝8F)を制したのに続き、牡馬を撃破してG1・BCマイル(芝8F)を制し、最優秀芝牝馬に選出されたのがウニだ。今季はここまで2戦し連敗を喫しているが、この後は、10月3日のG1ファーストレディSから11月7日のG1・BCマイルで、前年の再現を狙っている。

 大物牝馬を巡り、世界の大手牧場による激しい争奪戦が展開されそうだ。

(文:合田直弘)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す