netkeiba.com

【門別競馬情報】旭岳賞快勝で転入3連勝ルールソヴァールほか、道営記念H1の“勢力図”ほぼ固まる!?そして、今夜メイン12Rは「静内ライオンズクラブ特別」/地方競馬情報

2020年09月15日(火) 11:30

旭岳賞を快勝し3連勝となったルールソヴァール(写真は18年佐賀記念優勝時、撮影:稲葉訓也)

 先週10日(木)に行われた、門別チャンピオンディスタンス(2000m)の古馬王道重賞「第6回 旭岳賞/JBC協会協賛『クリエイターII』賞」は、2018年佐賀記念JpnIIIの覇者ルールソヴァールが道中2番手からラスト3Fで上がり最速の末脚を繰り出し3馬身差で完勝。

 最大のライバルとなるはずだったヤマノファイトにスタート直後の落馬というアクシデントもあったものの、先手とった同厩舎の伸び行く3歳馬コパノリッチマンに4角で並びかけ、門別外回りの長い直線(330m)は他馬に差を詰めさせることさえ許さない独壇場(唯一「追いかけてきた」と敢えて表現するなら、空馬になったヤマノファイトでしたが‥)に。これで今年7月1日の転入初戦からの連勝を「3」に伸ばし、現時点で堂々「道営記念H1/11月5日・2000m外回り」の有力候補に名乗りを挙げました!

 まだ少し気が早いかもしれませんが、現段階で頂上決戦「道営記念H1」を展望すると、この旭岳賞出走組ではルールソヴァールを筆頭に、王冠賞H2勝ち馬にして厳しいローテーションのなか2着に踏ん張ったコパノリッチマン、2000mへの延長でいつものようにパフォーマンスを上げてきた3着ステージインパクトが上位候補に名を連ねそう。もちろん、今回は落馬の憂き目だったヤマノファイトも今後の調整過程が順調なら引き続き有力候補であることは間違いありません。

 10月7日(水)の前哨戦「瑞穂賞H2」への出走が予定される組では、8月27日に丸一年ぶりの戦列復帰を果たし3着に踏ん張ったスーパーステションの復調度合いに注目が集まるのは間違いないところ。もちろん、そのスーパーステションを差し切って転入初戦を飾ったクインズサターン(昨年11月の浦和JBCクラシック4着馬)もまだまだ良化の余地十分、“新王者争い”の先頭グループに居ることに異論はないところでしょう。

 また、佐賀から再転入し、いきなりその初戦でクインズサターンの2着。近年苦杯を舐め続けさせられたスーパーステションには先着してみせたオヤコダカは「うちに戻ってからの出走回数というところで、瑞穂賞への出走要件を満たせていない」(米川昇師)ということで平場オープンに回る予定だそうですが、その走りには引き続き、注目していきたいところです。

 別路線組では、前走遠征の金沢重賞「イヌワシ賞」を大差で圧勝し、29日(火)白山大賞典JpnIIIに挑戦予定の前年覇者リンノレジェンドが当然、最も注目を集めるでしょう。今季、ヒダカソウカップH2&ノースクイーンカップH2の古牝馬2重賞を連勝し、世代別牝馬重賞シリーズ「グランダム・ジャパン(GDJ)2020」の古馬シーズンで地方馬トップ(9月14日現在)を走るクオリティスタートも、道営記念H1へと駒を進めてくる可能性もありそうです(一方で、レディスプレリュードJpnII→JBCレディスクラシックJpnIの路線も可能性あり)。

 このように有力馬の名を連ねてみると、まだ2ヵ月近く先とは言いながらも「道営記念H1」への期待、そして楽しみがドンドン膨れ上がってきますよね。

 ただ、その前に、今日から3日間の門別グランシャリオナイター12回開催・前節もお楽しみいただきたいところ。初日のメイン(最終)12Rは「静内ライオンズクラブ特別」(B3-2-B4-1組、1200m外回り)です。条件戦、かつこの距離では今季まったく崩れを見せていない4歳牝馬マリーンワンが断然の支持を集めそうなメンバー構成となっています。発走予定は20時40分、お見逃しなく!

(文:ひだか応援隊)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す