宝塚記念馬ダンツシアトル死す 種牡馬引退後は九州で余生

2020年09月30日(水) 19:16

 1995年の宝塚記念を制したダンツシアトル

 1995年に宝塚記念を制したダンツシアトルが24日、けい養先の鹿児島県・九州種馬場で老衰のために死んでいたことが30日、JRAから発表された。30歳。現役引退後は1997年から日本軽種馬協会で種牡馬として供用され、種牡馬引退後は九州種馬場で余生を送っていた。

 主な産駒には2000年にひまわり賞を制したコウセイロマンがいる。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す