【海外競馬】米G1馬プロミシズフルフィルドが引退、種牡馬入り

2020年10月04日(日) 05:00

 2018年アレンジャーケンスS(米G1)など重賞5勝のプロミシズフルフィルド(牡5、米・D.ローマンズ厩舎)が、現役を引退。ケンタッキー州のウインスターファームで種牡馬入りすることがわかった。米競馬メディア『Blood Horse』などが現地時間1日、報じた。

 プロミシズフルフィルドは、父がStorm Cat系のShackleford母Marquee Deliveryその父Marquetryという血統。

 重賞はアレンジャーケンスSのほか、2019年ジョンAネラッドS(米G2)、2018年オグデンフェニックスS(米G2)、アムステルダムS(米G3)、ファウンテンオブユースS(米G2)を制している。通算成績は17戦7勝。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す