netkeiba.com

【海外競馬】ジャパンの全妹が約4億9000万円で落札、今年世界で2番目の高額1歳馬

2020年10月12日(月) 15:25

ジャパン(写真は2019年凱旋門賞出走時、ユーザー提供:わいさ。さん)

 8日、英国タタソールズ社の10月イヤリングセールで、父Galileo母Shastyeその父デインヒルという血統の1歳牝馬が340万ギニーで落札された(タタソールズ社はセールの通貨単位にギニーを使用している。1ギニーは1.05ポンド)。日本円にして約4億9000万円となり、セレクトセールにて5億1000万円(税抜)で落札されたシーヴの2019に次ぐ、今年2番目の高額1歳馬となった。

 落札された牝馬は全兄に昨年のパリ大賞(仏G1)とインターナショナルS(英G1)を制したジャパンと、今年のパリ大賞を制したモーグルがおり、落札したのは兄のオーナーでもあるクールモア・グループ。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す