netkeiba.com

【海外競馬】禁止薬物検出、飼料製造元のゲイン社がリリース発表「心よりお詫び申し上げます」

2020年10月13日(火) 13:10

凱旋門賞出走取消となったジャパン(手前、写真は2019年インターナショナルS出走時、提供:racingfotos)

 禁止薬物(ジルパテロール)が検出された飼料の製造元であるアイルランドのゲイン社が、現地時間11日にリリースを発表した。

 同社の飼料はアイルランドのA.オブライエン厩舎などで使用され、その影響により、4日の凱旋門賞(仏G1)で武豊騎手が騎乗予定だったジャパンなどが出走取消となった。

 飼料に禁止薬物が含まれている可能性が発覚し、飼料の使用を避けるよう声明が出されたのは2日。以降、原因を特定するための調査が開始された。検出されたジルパテロールは主に食用牛の飼料に混合される成分で、筋肉量の増加を促す効果がある。

 5日には飼料に含まれる糖蜜の供給元を変更。農林水産省と協議の上、飼料生産を再開した。

 リリースの最後は「大切なお客様にご迷惑をおかけしましたこと、改めて心よりお詫び申し上げます」と締められている。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す