netkeiba.com

【海外競馬】豪州の女傑ウィンクスの初仔が出生直後に死亡

2020年10月13日(火) 18:44

現役時代のウィンクス(写真は2017年コックスプレート出走時、提供:Racing Photos TM)

 オーストラリアの女傑ウィンクス(牝9)の初仔が、出生直後に死亡したことが13日、同馬のホームページで発表された。

 ウィンクスは父Street Cry母ベガスショーガール、その父Al Akbarという血統。

 現役時代の通算成績は43戦37勝。コックスプレート4連覇などを含むG1・25勝、重賞35勝をあげた。主戦騎手はH.ボウマン騎手。

 昨年4月13日のクイーンエリザベスS(豪G1)で同レース3連覇、33連勝を成し遂げたのを最後に現役を引退。繁殖としての初年度はI Am Invincibleが配合されていた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す