netkeiba.com

【海外競馬】愛国のJ.オックス調教師が今年で引退、シーザスターズ・アラムシャーなど管理

2020年10月13日(火) 15:52

2009年、凱旋門賞でG1・6連勝を果たしたシーザスターズ(ユーザー提供:Tiberiusさん)

 アイルランドのジョン・オックス調教師(70)が、今年限りで現役を引退することがわかった。英競馬メディア『Racing Post』などが現地時間12日、報じた。

 代表管理馬はガリレオの半弟で、2009年に英クラシック二冠、凱旋門賞を含むG1・6連勝をあげたシーザスターズ。

 そのほか、5連勝で2000年凱旋門賞を制したシンダー、2003年の愛ダービー・キングジョージを制し日本で種牡馬入りしたアラムシャー、2005年キングジョージなどG1・4勝のアザムールといった、数々の名馬を手がけた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す