netkeiba.com

【海外競馬】繁殖入りのエネイブル、初年度の配合相手はマイルG1・4勝のキングマン

2020年10月13日(火) 18:43

G1・11勝をあげ現役を引退するエネイブル(写真は2019年キングジョージ出走時、撮影:高橋正和)

 現役を引退し繁殖入りするエネイブル(牝6)について、初年度となる来年の交配相手はキングマン(牡9)が予定されていることがわかった。オーナーのハーリド・アブドゥラ殿下が所有するジュドモントファームのホームページで現地時間12日、発表された。

 キングマンは父Invincible Spirit(その父Green Desert)、母Zenda、母の父Zamindarという血統。

 エネイブルと同じくアブドゥラ殿下の所有馬で、現役時代はイギリスのJ.ゴスデン厩舎に所属。2014年に愛2000ギニー、セントジェームズパレスS、サセックスS、ジャックルマロワ賞とマイルG1で4連勝をあげた。通算成績は8戦7勝。

 2015年から種牡馬入り。産駒も仏G1・3勝馬ペルシアンキング、英仏G1馬パレスピアなど、マイル路線での活躍が目立っている。

 エネイブルは父Nathaniel(その父Galileo)、母Concentric、母の父Sadler's Wellsという血統。凱旋門賞連覇、史上初のキングジョージ3勝を含むG1・11勝をあげた。通算成績は19戦15勝。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す