netkeiba.com

香港の新星と古豪再戦に注目

2020年10月15日(木) 06:00

 「魁!海外馬券塾」(14日)

 日本の有力馬の次走について、「行けるようならば12月の香港」という関係者のコメントを目にするようになった。コロナ禍の現状で、日本人は香港に渡航できる状況ではないが、香港ジョッキークラブは例年通りに香港国際競走(12月13日・シャティン)の開催に向けて動いており、日本馬の登録を促すメールも届いている。

 その香港では18日にシャティントロフィー・G2(芝1600メートル)が行われる。昨年の香港三冠馬ゴールデンシックスティーとG1・8勝の古豪ビューティージェネレーションとの、2度目の対戦となる。

 初対戦だった9月のセレブレイションカップ・G3(芝1400メートル)では、ゴールデンシックスティーが中団から鋭く伸び、2着のビューティージェネレーションに1馬身3/4差をつける快勝だったが、当時は斤量がゴールデンの52キロに対し、ビューティーは60キロと8キロ差があった。今回は4キロ差に縮まり、結果にどう影響するか注目したい。

 いずれにしても、2頭が57キロの同斤量になる12月の香港マイルが総決算となる。12戦11勝で8連勝中と全く底が見えない新星ゴールデンシックスティーが快進撃を続け、盛り上がりが最高潮に達して香港マイルを迎えられるのが、現段階での私の希望である。(海外遠征コーディネーター・田中敬太)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す