netkeiba.com

【秋華賞】横山武ウインマリリンでG1初Vだ 自己最多71勝で絶好調

2020年10月16日(金) 14:40

 オークス2着の雪辱に燃える横山武とウインマリリン(撮影・三好信也)

 「秋華賞・G1」(18日、京都)

 デビュー4年目の20年、キャリアハイとなる71勝(先週終了時点)を挙げ、全国リーディング6位(関東ではトップ)につける絶好調の横山武史騎手(21)=美浦・鈴木伸=が初のG1勝利を目指す。勝てば秋華賞としては武幸四郎・現調教師(00年ティコティコタック)の21歳11カ月13日を更新する、21歳9カ月27日での最年少Vとなる。

 パートナーはオークス2着のウインマリリン。コンビを組んだ3戦で全て勝っており、相性の良さは抜群だ。しかも、4月のフローラSは自身にとってJRA重賞初勝利。だが、オークスの2週前に騎乗停止処分を受け、代打を務めた父・典弘に手綱を託し、レースは外から見守るしかなかった。

 2冠を達成したデアリングタクトに屈したとはいえ、半馬身差の2着に好走。「外枠(8枠16番)から見事なエスコートで、完璧な競馬をしたと思っています」と、父のレース運びを冷静に分析する。乗れなかった悔しさを晴らすのが今回だ。

 勝負の秋。3週連続で美浦Wでの追い切りに騎乗し、「春から一段とパワーアップしている」と好感触をつかんでいる。初めての京都にも「マリリンは乗りやすい馬。東京でも中山でも勝っているように、コース形態に全然不安はない」と絶大な信頼を寄せる。

「強い馬はいるが、この馬も引けを取らないと思っています。チャンスを生かしたい」ときっぱり。東の若武者が強い決意で淀の決戦に挑む。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す