【府中牝馬S結果】サラキアが突き抜け重賞初V 下位人気3頭で決着

2020年10月17日(土) 20:40

7番人気のサラキアが大外から突き抜けた(撮影:下野雄規)

 17日、東京競馬場で行われた府中牝馬S(3歳上・牝・GII・芝1800m)は、中団でレースを進めた北村友一騎手騎乗の7番人気サラキア(牝5、栗東・池添学厩舎)が、直線大外から突き抜け、2着の6番人気シャドウディーヴァ(牝4、美浦・斎藤誠厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分48秒5(重)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に8番人気サムシングジャスト(牝4、栗東・松田国英厩舎)が入った。なお、1番人気ラヴズオンリーユー(牝4、栗東・矢作芳人厩舎)は5着、2番人気ダノンファンタジー(牝4、栗東・中内田充正厩舎)は6着、3番人気フェアリーポルカ(牝4、栗東・西村真幸厩舎)は8着に終わった。

 勝ったサラキアは、父ディープインパクト母サロミナその父Lomitasという血統。2年ぶりの勝利となった前走の小倉日経OPに続く2連勝を飾り、重賞初制覇を果たした。また、本馬はこの勝利でエリザベス女王杯の優先出走権を獲得した。

府中牝馬Sダイジェスト>

スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す