【海外競馬】愛のG1・2勝馬シスキンが今年で引退、日本で種牡馬入り 英報道

2020年10月22日(木) 13:25

 デビューから5連勝でフェニックスS(愛G1・芝1200m)、愛2000ギニー(G1・芝1600m)を勝利したシスキン(Siskin、牡3、愛・G.ライオンズ厩舎)が今年で現役を引退し、来年から日本で種牡馬入りすると管理するライオンズ師が明かしたと英『Racing Post』が21日、報じた。ラストランとしては米・ブリーダーズCマイル(G1・芝1600m)を視野に入れている。

 シスキン父First Defence(その父Unbridled's Song)、母Bird Flownその父Oasis Dreamという血統の米国産馬。5連勝の後は英仏のG1で3・4着となっており通算成績は7戦5勝。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す