【アルテミスS予想】奥のある血統のククナに期待

2020年10月31日(土) 06:04

 まだ歴史は浅いものの、過去の連対馬の中にはアユサンレッツゴードンキメジャーエンブレムなどのちのマイルGI勝ち馬がいるほか、リスグラシューラッキーライラックも勝ち馬に名を連ねる出世レース。キャリアの浅い2歳牝馬にとっては過酷ともいえる東京競馬場芝1600mコースだけに、瞬発力はもちろん、血統的なスタミナや底力も要求されるレースだ。

 キングカメハメハ産駒ククナの前走は、3着だったデビュー戦から12キロ増。前半はまだ子供っぽさが残るようなレースだったが超が付くようなスローペースを後方から追走し、最後は性能の違いを見せつけるかのように逃げ、先行馬たちをねじ伏せた。母クルミナル桜花賞2着、オークス3着の活躍牝馬。脚部不安を発症し、わずか5戦の競走キャリアだったが、類まれなる競走能力を示した馬だった。その2番仔だ。祖母クルソラはアルゼンチンのG1勝ち馬で、おじにはダートで活躍したピオネロの名前も。前半からハイラップを踏むようなレースになったときにどうなるのかは想像の域を出ないが、奥のある血統ゆえに不安よりも楽しみの方が大きい。

 ○ソダシの前走はケチが付けられるものではない。前半から厳しいラップを積極的に追いかけ、早めに先頭に立ったために最後1ハロンはさすがに脚が上がってしまったが、それでも勝ちタイムの1分48秒2はレコードタイムとなった。母の半姉にダートグレードで活躍したユキチャンがいて、母もJRA4勝馬。父クロフネも、母の父キングカメハメハNHKマイルCの優勝馬で、ともに種牡馬としても東京マイルのGI優勝馬を出している。ソダシにも、マイル適性はありそうだ。

 モーリス産駒の▲ストゥーティも小柄ながらも高い能力がありそうだ。母はフェアリーS3着、チューリップ賞3着のち福島牝馬S2着のリラヴァティで、母の半妹には桜花賞2着、オークス勝ち馬のシンハライトがいる血統。シンハライトも小柄な馬だった。新潟競馬場のデビュー戦は好スタートから福永騎手が手綱を抑えたまま先行し、最後の直線で早めに先頭に立って押し切った。ゴール前で1番人気に強襲されて冷や汗をかくような勝利だったとはいえ、負かした馬は2戦目をレコード勝ちして早くもクラシック候補の声がかかるほど。勝ったことを評価したい。

 500キロを超える雄大な馬格を持つ△クールキャットも将来性がありそうな1頭だ。デビュー戦は馬ごみの中で頭をあげるようなシーンもあったが、すぐに落ち着きを取り戻して、最後は大きなストライドでゴールを駆け抜けた。まだラチを頼るようなところがあり、本当の意味で身が入ってくるのは、もう少し先になりそうだが、スケールの大きさを感じさせる。前走後、軽い脚部不安を発症して予定していたレースを使えなかったアクシデントはあったものの、放牧先でもしっかりと乗り込まれ、帰厩後も順調のようだ。将来性を占う意味でも見逃せない。

 東京マイルコースでデビュー戦を勝った△ウインアグライアは2戦目でしっかりと体重を増やして2連勝。距離とコースを経験しているのはアドバンテージになりそうだ。デビュー戦から大人びたレースをした△シャドウファックスや、小柄ながらスケールの大きな走りをみせた△テンハッピーローズなどしっかりとレース内容を見ておきたい馬は多い。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す