【みやこS予想】 チャンピオンズCの前哨戦! 消去法は阪神替わりをどう読み解くのか!?/JRAレース展望

2020年11月07日(土) 18:03

今回の『ケシウマ』に該当してしまったスワーヴアラミス。前走の着差が響いた形だが、能力上位だけに跳ね返してもおかしくないが…(写真は20年マーチS時、撮影:下野雄規)

 チャンピオンズCや、その前身であるジャパンCダートをふくめ、過去9年で次走のGIで馬券になった馬が9頭いるレースです。そして中心は、最多の6勝を挙げている4歳馬。舞台が阪神に替わることで、その傾向に変化はあるのでしょうか。

「人気馬を素直に信頼して良いかわからない」、「穴をあけそうな人気薄の馬が知りたい」。そんなときに役立つのが、ケシウマの予想バイブル『パーフェクト消去法』です。過去10年のデータから導き出した消去法で、アナタの馬券検討をサポートします。

 ちなみに先週の天皇賞・秋では、アーモンドアイと5番人気2着のフィエールマンが消去データをクリアして連対を果たしました。また菊花賞でも、【残った馬】のコントレイルと4番人気2着のアリストテレス2頭が連対。秋華賞でも、【残った馬】のデアリングタクトと9番人気3着のソフトフルートが馬券になっています。ここでは、みやこSのケシウマの消去条件のうち1つを無料公開します。

【条件1】(※データは過去10年を参照。ただし、JBC京都開催にともない非開催だった18年は除く)
前走GII以下戦で1.0秒以上敗退(ただし、4歳馬は除く) [0-0-0-38] 複勝率0%
該当馬:スワーヴアラミステーオーエナジーヒストリーメイカーマグナレガーロ
地方GIを含む多様なレースから参戦してくることもあって見過ごされがちだが、前走で1.0秒以上敗退だった馬は[1-0-1-51]と大苦戦だ。例外は前走で格上のGI出走馬と、最多の6勝を挙げている4歳馬だけである。
(過去の主な該当馬:17年モルトベーネ4人気5着、アスカノロマン5人気10着)

 人気が予想されるスワーヴアラミスが消去データに該当しました。今年、マーチSで初重賞制覇を遂げただけでなく、阪神のダート戦では[1-3-1-0]と安定感たっぷりな馬ですが、前走はオープン特別で1.1秒差の5着。配当的な妙味を追うならば、巻き返せないほうに賭けたくなります。

 さらに、残りの消去条件は『パーフェクト消去法』にて公開中です。果たして、人気で消えるのはどの馬なのか? はたまた、注目の穴馬は? ケシウマの予想バイブルを、ぜひお役立てください。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す