【みやこS予想】 舞台替わりで過去の傾向が通じない!? コース適性から弾き出した“旨味のある馬”とは!?/JRAレース展望

2020年11月07日(土) 20:33

ここ2戦、交流重賞で不完全燃焼続きのヒストリーメイカー。3走前の平安Sを考えれば、ここでも十分にチャンスはありそうだが…(写真は19年摩耶S時)

 みやこSは、夏を越えて力をつけてきて、エルムSなどで結果を出している馬を狙うのが定番のパターン(ローマンレジェンドブライトラインインカンテーションテイエムジンソクなど)。今年はマリーンSエルムSを連勝したタイムフライヤーがこのパターンでしたが、去年好走した武蔵野Sへ。
 
 そのため、京都競馬場の改修工事の影響で「阪神開催」になったことに注目して狙う馬を考えていきます。そもそも京都1800mと阪神1800mでは、求められる適性が大きく違います。京都1800mは軽い馬場で、下りから直線平坦コースなのでスピードが生きるコースです。これはペースの流れる小回り1700mのエルムSでも同様で、それが連続好走につながっています。

 一方、阪神1800mは京都より重い馬場で最後の急坂のあるコース。スピードだけで押し切るのは難しく、持続力が生きるコース設定となっています。京都や東京でのスピード決着に対応しきれない馬が、上がりがかかることによって結果を出しているのです。当然、同条件の好走馬は見逃せません。

 あと、中山1800m実績馬にも注目。同じ重い馬場で急坂があるコースで、阪神より高低差が大きいタフなコース。中山1800mでの好走があれば、阪神1800mで持続力の不安はありません。

 この好走コースからの適性で注目したいのが、マーチS(中山1800m)の1着スワーヴアラミス、2着クリンチャー。そして、同条件の摩耶S(3勝クラス)を勝って、もっとタフな阪神2000mの仁川Sを勝っているヒストリーメイカーの3頭です。

 とくにヒストリーメイカーは、地方交流重賞で不完全燃焼の走りが続いての人気落ち濃厚。好メンバーが揃っていた平安S4着の走りを考えると、過小評価されそうなのでオッズ面でも期待したいところです。

 ウマい馬券では、展開や各馬の適性など全馬の評価を記載しています。少頭数で買い方が重要なレースでもあるので、買い方も含めて最終結論に注目して下さい。
(文=nige)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す