netkeiba.com

【海外競馬】M.ミシェル騎手がドイツでの初勝利、5ヶ国で今年50勝

2020年11月09日(月) 16:00

ドイツでの初勝利を挙げたM.ミシェル騎手(本人提供)

 現地時間8日、ドイツのミュンヘン競馬場でバイエルン大賞(3歳上・G1・芝2400m・11頭)が行われ、馬群の後方でレースを進めた9番人気サニークイーン(牝3、R.ピエチュレク騎手)が、先に抜け出した1番人気トルクァートルタッソ(牡3、B.ムルザバイェフ騎手)をゴール前でわずかに差して優勝した。トルクァートルタッソがクビ差の2着。後方追走から最内を突いて伸びた2番人気ディカプリオ(牡3、A.シュタルケ騎手)が2馬身差の3着。ゴドルフィンの5番人気シークレットアドヴァイザー(セ6、W.ビュイック騎手)は直線一旦先頭も3馬身差の4着となった。

 M.ミシェル騎手騎乗の8番人気ヴァルデルベ(牡4)は、中団後方を追走も直線伸びず10着に敗れた。勝ちタイムは2分40秒94(重)。

 M.ミシェル騎手は、この日は他に2つのレースの騎乗があり、第5Rは13着に敗れたものの、メインレースの直後の第7Rでドイツ初勝利を挙げた。

 第7RゴリラミリオンズC(3歳上・芝1600m・7頭)は、2番手追走から直線先頭に立ったM.ミシェル騎手騎乗の4番人気ヴィチェンテ(牡4)が、3番手追走から内を突いて一旦は3馬身近く抜け出した1番人気マシュマロ(牝3、M.ペシュール騎手)を差し返して優勝した。マシュマロが2馬身差の2着。最後方から伸びたビースウィート(牡6、J.ボジュコ騎手)が10馬身差の3着となった。勝ちタイムは1分46秒55(重)。

 M.ミシェル騎手にとってこれが今年の50勝目となった。内訳はフランス16勝、日本(地方競馬)30勝、サウジアラビア1勝、イタリア2勝、ドイツ1勝。

M.ミシェル騎手のコメント】
「ヴァルデルベは頑張りました。馬場が思った以上に荒れていて、レースのペースも速く、彼にとっては難しい条件になりました。レース後、馬は無事でホッとしました。今年はこれで休養に入りますが、来年の再会が楽しみです。今回の経験は、私、馬、そしてチームにとって大変貴重なものになりました。

 今日は、私にとって素敵な日になりました。7Rの勝利は今年の50勝目だったんです。レース前、ヴィチェンテの調教師は、“感じたとおりに乗って”と言ってくれたので、速いペースでも積極的な競馬をしました。直線で相手が先に出たときも、馬の手応えがいいので落ち着いて待つことができました。

 ドイツでの騎乗は初めてでしたので、勝てて嬉しいです。未知の競馬に自分を合わせること。私はこれが大好きなんです。競馬は国ごとに競馬場ごとに大きく違います。芝も砂もダートも。新しいことを発見するのって、本当に楽しい。

 今年は、私にとって素晴らしい年になっています。G2、G3、リステッドを含む50勝を、5つの国で挙げたんですから」

(取材:高橋正和、編集:netkeiba)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す