【ジャパンC】アーモンドアイ参戦 ファン待望!引退前ラストラン…世紀のドリームマッチ

2020年11月13日(金) 13:25

 アーモンドアイと馬上で8冠ポーズを決めるルメール

 「ジャパンC・G1」(29日、東京)

 史上初の芝G1・8勝馬アーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝)が12日、ジャパンCに参戦することが正式に決定した。引き続き鞍上はルメール。同馬はこれが現役ラストランとなる。既に牝馬三冠馬デアリングタクト、牡馬三冠馬コントレイルがエントリーを表明しており、11・29府中は史上最高のドリームマッチとなりそうだ。

 この時代に生まれて良かった-。競馬ファンの多くがそう思っているに違いない。古馬最強馬アーモンドアイが、無敗の牡牝三冠馬コントレイルデアリングタクトが待つ府中に電撃参戦を表明。現時点で考え得る最高のドリームマッチが実現した。

 秋の天皇賞でJRA史上初の芝G1・8勝を達成。その後は次戦の行方に注目が集まっていたが、12日朝、放牧先のノーザンファーム天栄(福島県)を訪れた国枝師が、所属するシルクホースクラブの公式ホームページで「状態は良さそうですし、予定通りジャパンCへ行きたいと思います」とコメント。

 併せてクラブ規定の引退期限である来年3月までに適鞍がないことなどを挙げ、「これだけの馬を無事に繁殖へ上げることも調教師の使命」と説明し、当レースを最後に競走生活を終えることも発表した。

 一昨年の3歳時に2分20秒6の驚異的なレコードで完勝。コントレイルデアリングタクトをねじ伏せるには格好の舞台だ。これまでに稼いだ総収得賞金は16億1202万9900円(海外3億9570万900円を含む)で、勝って3億円を手にすれば、歴代1位のキタサンブラック(18億7684万3000円)を抜いてトップとなる。

 自身も18年に牝馬三冠を達成しており、中央競馬の長い歴史の中でも初めてとなる、3頭のトリプルクラウンホースによる最初で最後の激突。今世紀最高の盛り上がりを見せるであろうことは間違いない。勝った馬が年度代表馬の座を濃厚とする一戦でもある。

 指揮官は「彼女のラストランを勝利で締めくくることができるよう全力投球させていただきますので、ご声援のほどよろしくお願いします」とメッセージを送った。ファンの鼓動とともに、刻一刻と迫る11・29。決戦が待ち遠しくてたまらない。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す