netkeiba.com

【海外競馬】豪の女傑ベリーエレガントに凱旋門賞など欧州遠征プランが浮上

2020年11月14日(土) 18:59

 今年のコーフィールドCなど豪G1・6勝のベリーエレガント(牝5、豪・C.ウォーラー厩舎)に、来年の英・ロイヤルアスコット開催や凱旋門賞(仏G1)など、欧州遠征のプランが浮上している。

 共同馬主の一人であるB.ソコルスキー氏が明かしたもので、豪競馬メディア『Racing.com』が10日、報じた。

 ベリーエレガントは父Zed、母Opulence、母の父Danroadという血統。

 豪G1はコーフィールドCのほか、2019年のヴァイナリースタッドS、オーストラリアンオークス、今年のタンクレッドS、ウィンクスS、ターンブルSを制している。距離延長で臨んだ前走のメルボルンC(豪G1)は7着だった。通算成績は25戦11勝。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す