netkeiba.com

【チリ競馬場大賞】シーキングザダイヤ産駒ロベリウスがG1制覇/海外競馬レース結果

2020年11月15日(日) 14:48

チリで種牡馬として活躍するシーキングザダイヤ(写真は2007年JBCクラシック出走時、撮影:高橋正和)

 現地時間14日、チリのチリ競馬場でG1・チリ競馬場大賞(3歳上・ダ2200m・12頭立て)が行われた。

 好位から進んだ3番人気ロベリウス(牡4、L.トーレス騎手)が直線に向いて外から先頭に立ち、最後方から内を突いて追い込んだ1番人気ウインヒア(牡7、A.バスケス騎手)の追撃を退け、1.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分21秒44(良)。

 ロベリウスは父シーキングザダイヤ母Linda Romana、母の父Roman Rulerという血統。チリのL.サリナス厩舎の管理馬。重賞初出走の前走がG3・2着で、今回が重賞初制覇。通算成績は23戦7勝。

 シーキングザダイヤ父Storm Cat、母は日仏G1馬シーキングザパールその父Seeking the Goldという血統。現役時代はJRA・栗東の森秀行厩舎に所属。ダート重賞3勝、芝重賞2勝をあげたほか、GI級競走で9度の2着があった。通算成績は30戦7勝。

 2008年に日本の優駿スタリオンステーションで種牡馬入り。その後アメリカを経て、現在はチリで種牡馬生活を送る。今回で6頭目(7勝)の産駒によるチリG1制覇。

※馬齢は現地表記に準ずる。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す