【エリザベス女王杯】ラッキーライラック連覇 早めスパートでライバル封じた!

2020年11月16日(月) 06:04

 後続を振り切ったラッキーライラック(撮影・石湯恒介)

 「エリザベス女王杯・G1」(15日、阪神)

 1番人気のラッキーライラックが直線で早めに抜け出すと、後続の追い上げを振り切り、史上4頭目の連覇を達成し、G1・4勝目を上げた。今後は未定だが、有馬記念(12月27日・中山)も視野に入っている。2着には5番人気のサラキア、3着には3番人気のラヴズオンリーユーが入った。

 女王の座は譲らなかった。19年の覇者ラッキーライラックは、ノームコアが引っ張る縦長の流れの中、道中は12番手を追走。3角から早めにスパートすると、直線半ばでは先頭へ。ラヴズオンリーユーサラキアが一気に迫ってきたが、何とか振り切った。ルメールは「1番人気でミスをしなかったら勝つことができる。それが僕の仕事。少しフワフワするのは分かっていたけど、ゴールまで頑張ってくれた」と満足げに話した。

 鞍上はアーモンドアイの主戦として、先々週の天皇賞・秋で史上最多となる芝G1・8勝目をマーク。今回は同い年のラッキーライラックと初コンビを組んだ。「2歳からトップレベルで走ってきた馬。残念ながら同世代にアーモンドアイがいたけれど、いなかったらレジェンドになっていたと思う」と強さをたたえた。

 1番人気の連敗も8でストップ。松永幹師は「ホッとしました。昨年は3番人気だったので気楽に見ていたけれど、今年は1番人気。直線ははらはらしましたね。全てがうまくいったと思います。もともと能力を秘めた馬ではあったのですが、本当に強くなったと、改めて思いました」と表情を緩ませた。

 クラブ規約により21年3月末までの繁殖入りが定められており、現役生活も残りわずか。指揮官が「状態もいいので、1回様子を見て、オーナーサイドと決めたい。チャンスがあれば、どこかに出したい」と話せば、同馬を所有する(有)サンデーレーシングの吉田俊介代表は「5歳牝馬なので今後は慎重に。有馬記念を1回使いたい感じはする」と暮れのグランプリ参戦を示唆した。年末の大一番に登場すれば、盛り上がるのは間違いない。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す