netkeiba.com

【東スポ杯2歳S予想】 3冠馬コントレイルに続け! 消去法が来年のクラシックを占う!/JRAレース展望

2020年11月22日(日) 20:33

昨年、このレースを制したコントレイルが今年のクラシックで3冠達成。来年のクラシックを占ううえでも重要な一戦だ(撮影:下野雄規)

 昨年の優勝馬コントレイルはここを勝って、暮れのホープフルSも制覇。そして今年、無敗の3冠馬に輝きました。17年のワグネリアン、11年のディープブリランテもここで勝利し、翌年の日本ダービーを制しています。来年からGIIに昇格するのも、当然といえるのではないでしょうか。果たして、今年もクラシックにつながるのか!? 注目の出世レースです。

「人気馬を素直に信頼して良いかわからない」、「穴をあけそうな人気薄の馬が知りたい」。そんなときに役立つのが、ケシウマの予想バイブル『パーフェクト消去法』です。過去10年のデータから導き出した消去法で、アナタの馬券検討をサポートします。

 ちなみに先週の福島記念では、【残った馬】のバイオスパークヴァンケドミンゴテリトーリアルの3頭で決着し、3連単万馬券が的中! また先々週は、『注目の穴馬』として推奨したロードマックスサンアップルトンがともに9番人気で激走しています。ここでは、東スポ杯2歳Sのケシウマの消去条件のうち1つを無料公開します。

【条件1】(※データは過去10年を参照)
前走4角1番手(ただし、東京芝1800m戦で上がり1位勝利経験馬は除く) [0-0-0-10] 複勝率0%
該当馬:タイトルホルダー
直線の長い東京コースだけに、前走で4角1番手だった馬は[0-1-0-15]と苦戦傾向にある。前走と同様の4角先頭の競馬で押し切ることが難しいのだ。そのため、例外は過去に同舞台の東京芝1800m戦で上がり1位で勝利経験のあった馬だけである。
(過去の主な該当馬:18年カテドラル3人気11着、17年コスモイグナーツ5人気6着)

 上位人気が予想されるタイトルホルダーが、消去データに該当しました。例外となる「東京芝1800m戦で上がり1位勝利経験馬」は18年のアガラスですが、こちらは前走で逃げていたものの、当日は13番手から前々走と同じく上がり最速の脚を繰り出して7番人気で2着。上がり最速勝利の経験が生きた格好です。

 一方、タイトルホルダーは前走が新馬戦で経験値が低いため、急な脚質展開は厳しそうなので、逃げて東京替わりでどこまで踏ん張れるかでしょう。とはいえ、過去の少頭数時でも前走4角先頭馬や当日逃げた馬は良績を残せていないだけに、強くは推せません。

 さらに、残りの消去条件は『パーフェクト消去法』にて公開中です。果たして、危ない人気馬は? はたまた、注目の穴馬はいったいどの馬なのか? ケシウマの予想バイブルを、ぜひお役立てください。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す