netkeiba.com

【メイクデビュー阪神レース後コメント】サトノハンター松山弘平騎手、ロードエルピス池添謙一騎手ら

ラジオNIKKEI

2020年11月22日(日) 14:34

新馬戦を勝利したサトノハンター(c)netkeiba.com

阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝2000m)は3番人気サトノハンター(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分5秒2(良)。ハナ差の2着に4番人気ネビーイーム、さらに1馬身差の3着に5番人気エイシンニーダーが入った。

サトノハンターは栗東・平田修厩舎の2歳牡馬で、父ハービンジャー母サトノユリア(母の父ディープインパクト)。

レース後のコメント
1着 サトノハンター(松山弘平騎手)
「スタートはあまり出なかったのですが、内枠の分挽回できて、良いところで脚を溜められました。ラストもしっかり反応してくれました。返し馬から良かったですし、芝の実戦に行って良いタイプだと思います」

2着 ネビーイーム(戸崎圭太騎手)
「まだ緩い感じで、ワンペースな走りでした。ハナに行って物見をするところもありましたが、しぶとく粘ってくれました」

3着 エイシンニーダー(北村友一騎手)
「体自体がまだ重苦しいかなとも思いましたが、新馬戦らしくスローで、好位でゆったり運べました。最後までしっかり頑張ってくれました。もしかしたらダートの方が良いかもしれません」




阪神6Rのメイクデビュー阪神(ダート1800m)は3番人気ロードエルピス(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒5(良)。半馬身差の2着に4番人気ゴールドハイアー、さらにクビ差の3着に2番人気ネフェルタリが入った。

ロードエルピスは栗東・西浦勝一厩舎の2歳牡馬で、父マジェスティックウォリアー、母ルアンジュ(母の父マンハッタンカフェ)。

レース後のコメント
1着 ロードエルピス(池添謙一騎手)
「返し馬でも幼い部分を見せていました。レースも初めてで幼い部分が出ていましたが、直線で抜け出してから相手が来ると、また伸びていました。この経験で、レースに集中してくれば良いと思います」

2着 ゴールドハイアー(小崎綾也騎手)
「流れに乗って競馬をするつもりでした。とにかくスブかったのですが、脚は見せてくれました。次は普通に競馬ができれば、もっとやれると思います」

3着 ネフェルタリ(C.ルメール騎手)
「長く脚を使っていますから、ダート、そして距離はちょうどいいと思います。4コーナーから来てくれましたが、ラスト50mで疲れてしまいました」

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す