産地馬体検査が21年以降廃止に JRA広報「役割が終わった」

2020年12月19日(土) 11:00

 JRAは18日、例年春季に北海道、東北、九州で実施していた産地馬体検査を、21年以降、廃止にすると発表した。産地馬体検査は、通常トレセンで行う競走馬のデビュー前の検査を、検査員が馬産地で実施するもの。しかし、近年は受検する頭数が減っていた。

 JRA広報は「もともと馬産地からの要望で行っていたのですが、北海道デビュー馬の減少、(早期特例登録制度による)競馬場への直接入厩の増加などもあり、役割が終わったと考えています」と説明した。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す