ノーブルミッションが静内種馬場にスタッドイン

2020年12月21日(月) 19:00

日本軽種馬協会が導入したノーブルミッション

 日本軽種馬協会が導入を発表していたノーブルミッション(11歳)が17日、北海道新ひだか町の日本軽種馬協会静内種馬場に到着した。

 父ガリレオ母カインド(母の父デインヒル)。全兄には欧州年度代表馬2回のフランケルがいる血統の英国産馬。通算成績は21戦9勝2着6回3着2回(重賞6勝)。2014年には英チャンピオンSなど3つのGIタイトルを手中にして欧州最優秀古馬のタイトルに輝いている。

 2015年から米国で種牡馬生活をスタートさせており、その初年度産駒から米国でGI優勝馬を送り出して注目を集めている。2021年の種付け料は150万円(受胎確認後支払)と発表されている。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す