【名馬を映像で振り返る】逆境で燃えた!中364日で有馬を制したトウカイテイオーの軌跡

2020年12月27日(日) 19:40

93年・有馬記念 トウカイテイオー(撮影:下野雄規)

 競馬ファンなら「これが思い出の有馬記念」というレースがあるのではないでしょうか? 今回は93年に中364日の出走ながら有馬記念を勝利したトウカイテイオーを特集。

 トウカイテイオーはデビューから無傷の6連勝でダービーを制した名馬。しかし古馬になってからは連敗を喫し、世代レベルやトウカイテイオー自身の実力を疑う声がファンの間でささやかれるようになりました。

 しかし、その逆境ともいえる状況になると、とんでもない力を発揮するのがトウカイテイオーという馬。7戦ぶりに1番人気の座を譲ったトウカイテイオーは、父シンボリルドルフが勝利したジャパンCに出走します。その時、鞍上の岡部幸雄騎手がとった作戦とは?

 その後、故障を経て臨んだのが奇跡の復活劇とも呼ばれる1993年の有馬記念です。

 常識的に中364日での好走が厳しいと思われたトウカイテイオーは4番人気。道中、虎視眈々と馬群の内に身を潜め、貪欲に勝利を狙っていく姿は見ている人たちの心を熱くさせました。

 今やなかなか見ることができないトウカイテイオーの新馬戦から、クラシックまでの連勝街道、そして上記の2レースなどトウカイテイオーの代表的なレース映像をたっぷりと収録した名馬動画シリーズ。ぜひお楽しみください。



※本番組のご視聴にはスーパープレミアムコースへの登録が必要です

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す