B.フロスト騎手が歴史あるキングジョージ6世チェイス史上初の女性騎手優勝の快挙

2020年12月28日(月) 12:25

 26日にケンプトン競馬場で行われた、英国におけるスティープルチェイス3マイル路線の前半戦の総決算となるG1キングジョージ6世チェイス(芝24F)は、7番人気のフロードン(騸8、父ニックネーム)が逃げ切りで優勝。手綱をとったブライアニー・フロスト(25歳)は、1937年に創設されたこのレース史上初めてとなる、女性の優勝騎手となった。

 1989年のグランドナショナルをリトルポルヴィアで制したジミー・フロストの娘であるブライアニー・フロストは、17歳だった12/13年シーズンにアマチュア騎手としてデビュー。17年のチェルトナムフェスティヴァルで、パシャドゥポルダーに騎乗してフォックスハンターチェイス(芝26F70y)に優勝。

 その後、プロに転向し、17年12月にブラックコートンに騎乗してケンプトンのG1コートスターノーヴィスチェイス(芝24F)を制し、G1初制覇。さらに19年のチェルトナムフェスティヴァルでフロードンに騎乗してG1ライアンエアチェイス(芝20F127y)に優勝しており、今回が彼女自身にとって通算3度目のG1制覇となった。

 この勝利を受けてフロードンは、3月19日にチェルトナムで行われるG1ゴールドC(芝26F70y)へ向けた前売りで、オッズ13〜17倍の3〜6番人気に浮上している。

(文:合田直弘)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す