小林凌ら関東成人ジョッキーの誓い

2021年01月07日(木) 06:00

 小林凌大騎手

 関東で成人を迎えるジョッキーは4人(大塚は休業中)。まずは5日の中山7Rをテリオスベルで2021年の初勝利を挙げ、好発進を決めた小林凌大騎手(19)=小西。デビューした19年は2勝だったが、20年は9勝。飛躍の3年目を迎え、「一頭一頭丁寧に乗って、よりいい着順を目指したい。今までと変わりのないスタイルでいきたいです」と表情を引き締める。父は“コバジュン”の愛称で活躍した小林淳一・元騎手(現JRA競馬学校教官)。「新年早々1勝できましたが、気を抜かないように。日頃の感謝を忘れずにやっていきたいですね」と決意を新たにしていた。

 同期の菅原明良騎手(19)=高木=は20年30勝。ケガもあったが、ルーキーイヤーの31勝から伸び悩んだ。「昨年は結果を出せなかったので、また活躍できるように頑張るだけです」と反撃を誓う。

 20年デビューの原優介騎手(20)=小桧山=も大人の仲間入り。5日のジュニアCでは7番人気のビゾンテノブファロで3着と見せ場をつくった。「これからは全てが自分の責任。しっかりやっていきたい」と力強かった。(デイリースポーツ・村上英明)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す