【海外競馬】種牡馬ゾファニーが死亡、13歳 欧州G1馬を複数頭輩出

2021年01月10日(日) 17:30

 2010年のフェニックスS(愛G1)を制したゾファニー(牡13)が、肝不全のため死亡したことがわかった。所有するクールモアのホームページで現地時間8日、発表された。

 ゾファニーは父Dansili(その父デインヒル)、母Tyranny、母の父Machiavellianという血統。

 現役時代はアイルランドのA.オブライエン厩舎に所属。2歳時の2010年、愛G3のタイロスSで重賞初制覇を果たすと、続くフェニックスSも連勝。G1タイトルをつかむ。

 その後は勝ち星をあげられなかったものの、G1・2着が2回。2011年のセントジェームズパレスS(英G1)は、歴史的名馬フランケルと3/4馬身差の2着だった。通算成績は13戦5勝。

 引退後はアイルランドのクールモアスタッドで種牡馬入り。産駒には2020年ナショナルS(愛G1)覇者サンダームーン、2019年マルセルブサック賞(仏G1)覇者アルビグナ、2016年ジョッキークラブ大賞(伊G1)覇者ヴェンチュラストームなどがいる。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す