ノーザンファームが一昨年の米2歳女王ブリティッシュイディオムを繁殖牝馬として購入

2021年01月10日(日) 21:28

 2019年のBCジュヴェナイルフィリーズ(米G1)覇者ブリティッシュイディオム(牝4、米・B.コックス厩舎)が現役を引退。日本のノーザンファームで繁殖入りすることがわかった。米競馬メディア『Blood Horse』が現地時間6日に報じた。

 ブリティッシュイディオムは父Flashback(その父Tapit)、母Rose and Shineという血統。母の父Mr. Sekiguchiは日本人の関口房朗氏が800万米ドルの高額で購入したことで知られる。

 2歳時の2019年はデビュー戦から、続くアルシバイアディーズS、BCジュヴェナイルフィリーズと、ダート1700mの米G1を連勝。同年のエクリプス賞(米年度代表表彰)最優秀2歳牝馬に選ばれる。

 3歳の昨年は、2月のレイチェルアレクサンドラS(米G2)で2着、5月のファンタジーS(米G3)で10着と敗戦。以降は復帰することなく、日本で繁殖入りすることとなった。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す