大塚海渡騎手が木村調教師を提訴 パワハラで精神的苦痛 頭部殴打で警察に被害届

2021年01月13日(水) 09:01

 リモートで会見を行う父の大塚哲郎調教助手

 2020年1月5日の中山競馬で落馬し、重度の頭部外傷を負って休養している大塚海渡騎手(20)=美浦・木村=が、木村哲也師から暴行された事実があったとして、1月5日に茨城県警稲敷署に被害届を提出。受理されたことが分かった。同騎手の実父で、美浦・勢司厩舎で調教助手を務める大塚哲郎氏が12日、リモート会見を開き、明らかにした。

 弁護士によると、厩舎実習中から19年12月25日までの間に頭部を殴打されたことが何度かあり、明確に記憶している2件を主として被害届を出したという。また、度重なるパワハラで精神的損害を被ったとして民事でも提訴し、850万円余りの慰謝料を請求。20日に水戸地裁土浦支部で第1回口頭弁論が行われる見込み。

 この件について、JRAは「係争中であることは把握していますが、警察による捜査中の事案でもあるので、現時点ではコメントを差し控えたい」とコメントした。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す