【東海S】オーヴェルニュ 重賞初V レースレコード!川田は16年連続JRA重賞制覇

2021年01月25日(月) 07:00

 完勝を果たしたオーヴェルニュ

 「東海S・G2」(24日、中京)

 リステッド競走2連勝の勢いに乗り、初めて重賞に挑んだ2番人気オーヴェルニュがライバルたちを完全制圧。後続に1馬身3/4差をつけてG2タイトル奪取に成功した。

 刻んだタイムは1分49秒2。19年インティの1分49秒8を上回る当レース最速タイムだ。ハイペースで逃げるインティの3番手で折り合い、最後はためた脚をきっちり引き出した。

 これで16年連続JRA重賞制覇となった川田は「手応え良く追走できました。コントロールの難しい馬だったので、条件が上がる方がペース的に競馬がしやすくなるということだと思いました」と振り返る。実戦騎乗は一昨年9月から昨年1月までの3戦連続騎乗(2勝)以来。1年前に、自らが打った布石が生きていた。西村師は「下級条件で足踏みしていた時、インに突っ込んであかなかったりしていたが、将雅は『それを覚えさせた方がいい』と。彼の乗り方が合っていたね」と感謝する。

 同馬担当の梅内助手は男社会の極みだった厩舎サークルに、女性として道を作ってきたパイオニア。1993〜95年にアラブ馬のシゲルホームランセイユウ記念3連覇があるものの、サラブレッドの重賞は初。「33年、長かった」と笑うが、恐らく次はフェブラリーS(2月21日・東京)でG1初勝利のチャンスが待っている。

 指揮官は「ジョッキーが乗れるか確認しないといけないし、オーナーとも相談。行くならいい状態で使わなければならない」と慎重な言葉も口にしたが、さらに上のステージが楽しみになる勝ちっぷり。参戦かなえば、府中決戦が一層盛り上がりそうだ。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す