【東京新聞杯】カラテが破竹の3連勝で決めた デビュー3年目・菅原明 涙の重賞初V

デイリースポーツ

2021年02月08日(月) 06:01

 ゴール前、激しく競り合うカラテ(右)とカテドラル

 「東京新聞杯・G3」(7日、東京)

 連勝中の上がり馬カラテの一撃がさく裂-。デビュー3年目の鞍上・菅原明の見事なエスコートで、人馬そろってのうれしい重賞初制覇を飾った。首差の2着には12番人気のカテドラル、3着には紅一点の3番人気シャドウディーヴァが入り、3連単は26万円オーバーの波乱決着となった。

 連勝の勢いに乗って参戦したカラテが、ライバル勢を一蹴。一気に重賞の壁を乗り越えた。見事にエスコートしたデビュー3年目の菅原明は、これが重賞初制覇。勝利を確信すると右手を突き上げ、ド派手にガッツポーズ。「うれしくて、しょうがない。ありがとう。よく頑張ってくれた」。相棒の首筋を何度も叩いて、全身で喜びを表現した。

 好スタートを決めると5番手でレースの流れに乗った。「理想通り。自分のやりたい競馬ができた」。無駄な動きは一切せず、馬群で脚をためる。迎えた直線。抜群の手応えで「進路を探すだけ」だったが、なかなか前があかない。それでも、残り1F手前でVロードを見いだすと、一気にエンジン全開。カテドラルとの追い比べを頭差で制した。

 「道中の手応えはずっと良かった。直線で思ったより追いだしが遅れたけど、馬がよく反応してくれました。何とかかわしてくれと、必死に追いました」。歓喜の初重賞に、鞍上の目にはキラリと光るモノがあった。

 未勝利脱出までに8戦、2勝目はさらに10戦も要した馬が、昨夏の休養を境に見違えるように成長。昨秋の復帰3戦目から、破竹の3連勝で一気にタイトルホースの仲間入りを果たした。高橋祥師は「きょうも強かったね」と勝ちっぷりを評価し、鞍上の手綱さばきにも「よく我慢した」と目を細めた。

 これで芝のマイルは6戦4勝。今後も「マイル路線ですね」と指揮官。もちろん、春の大目標は安田記念(6月6日・東京)になってくるだろう。“遅咲きの新星”がマイル界に新たな風を吹き込む。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す