蛯名が28日の中山記念で現役最後の重賞騎乗へ

2021年02月11日(木) 15:04

中山記念で現役最後の重賞騎乗となる蛯名正義騎手

 2月28日を最後に引退し、調教師に転身する蛯名正義騎手(51)=美浦・フリー=が、中山記念(28日・中山、芝1800メートル)でゴーフォザサミット(牡6歳、美浦・藤沢和)とコンビを組むことになった。これが現役最後の重賞騎乗となる予定だ。蛯名は18年4月の青葉賞ゴーフォザサミットを重賞制覇に導き、次走の日本ダービーにも挑み7着に健闘した。コンビを組むのは同年9月の神戸新聞杯(8着)以来となる。

 ゴーフォザサミットを管理する藤沢和師は、「青葉賞を勝った時にも乗ってくれたし、最後に頑張ってもらいたいね」と話した。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す