レックススタッドで種牡馬展示会が開催 新種牡馬ゴールドドリームなどがお披露目

2021年02月13日(土) 11:40

新天地での活躍が期待されるゴールドドリーム

 10日、北海道新ひだか町静内目名にあるレックススタッドで、種牡馬展示会が開催された。今年から新しく仲間に加わったのは2頭。安平産ゴールドドリーム(8歳、鹿毛、父ゴールドアリュール)と、浦河産ブルドッグボス(9歳、鹿毛、父ダイワメジャー)の2頭。前者は最優秀ダートホースで、後者はNAR年度代表馬というタイトルホルダーだ。

 ゴールドドリームの管理調教師でもある平田修調教師は「デビュー前の調教から手応えを感じていた馬です。デビューした頃は粗削りという印象でしたが、年齢を重ねるごとに精神的にも、肉体的にも成長してくれました。素直な性格と、パワーを産駒に伝えてほしい」と応援メッセージを送り、愛馬の門出を祝った。

 ほか、今シーズンからレックススタッドに迎え入れられたノヴェリストや、種牡馬生活2年目を迎える米国産アポロケンタッキー(9歳、鹿毛、父ラングフール)浦河産エピカリス(7歳、黒鹿毛、父ゴールドアリュール)、新ひだか産ミッキーグローリー(8歳、青鹿毛、父ディープインパクト)、安平産ユアーズトゥルーリ(5歳、鹿毛、父ロードカナロア)も元気な姿を見せた。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す