フランケルの全弟ノーブルミッション含む9頭、JBBA静内種馬場で種牡馬展示会開催

2021年02月13日(土) 11:30

フランケルの全弟ノーブルミッション

 北海道新ひだか町静内田原にある日本軽種馬協会静内種馬場で10日、新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮したうえで、種牡馬展示会が開催された。

 今シーズンから導入されたのは英国産の12歳ノーブルミッション(鹿毛)。父ガリレオ母カインド(母の父デインヒル)。父は、欧州で11年連続12回リーディングサイアーを継続中のガリレオで、全兄には欧州年度代表馬2回のフランケルがいる血統。自身も2014年のカルティエ賞最優秀古牡馬という活躍馬だ。2015年から米国で種牡馬入りしており、すでに欧米で重賞勝ち馬を残している。

 この日展示されたのは産駒のデビューを待つ米国産のデクラレーションオブウォー(12歳、鹿毛、父ウォーフロント)や米国産アニマルキングダム(13歳、栗毛、父ルロワデザモニー)ほか、人気種牡馬の仏国産バゴ(20歳、黒鹿毛、父ナシュワン)、評価急上昇中の英国産マクフィ(14歳、鹿毛、父ドバウィ)など9頭。どの馬もピカピカに磨き上げられており、体調の良さをアピールしていた。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す