ミスターメロディ、ミッキースワローらが優駿SS種牡馬展示会に登場

2021年02月14日(日) 12:40

新しく種牡馬入りしたミスターメロディ

 ヘニーヒューズモーニンシルバーステートなどの人気種牡馬を繋養する優駿スタリオンステーション(北海道新冠町朝日)の種牡馬展示会が11日午前、新型コロナウイルス感染拡大防止のための手指消毒、ソーシャルディスタンスの確保などが呼びかけられるなかで行われた。

 今回、新しく仲間入りしたのは4頭。安平産アルバート(10歳、栗毛、父アドマイヤドン)と安平産サングレーザー(7歳、青鹿毛、父ディープインパクト)。米国産ミスターメロディ(6歳、鹿毛、父Scat Daddy)、安平産ミッキースワロー(7歳、鹿毛、父トーセンホマレボシ)の4頭。

 ミッキースワローを管理した菊沢隆徳調教師からは「この馬は心肺機能が高く、運動能力の高さから優れた瞬発力を持った馬でした。そういったところを受け継いだ子供が生まれるのではないかと思っていますので、どうかよろしくお願いします」と惜別のエールが送られた。
 
 この日は前記4頭と新入厩リアルインパクト含む25頭が登場。いずれも劣らぬ好馬体を披露した。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す