【大井・雲取賞】JpnI・2着馬ランリョウオーが中心/レースの見どころ(地方競馬)

2021年02月16日(火) 17:00

ここなら実績上位のランリョウオーに注目(撮影:高橋正和)

 18(木)に大井競馬場で行われる第3回。ランリョウオーに注目したい。勝ってクラシック戦線へ向かえるか。主な出走馬は以下の通り。

■2/18(木)(3歳・SIII・大井ダ1800m)

 ランリョウオー(牡3、浦和・小久保智厩舎)はこれまで7戦4勝、2着3回と安定していて、重賞はとで2着。ここなら実績上位で、今回の舞台では圧勝経験もある。しっかり勝ち切ってクラシックへ向かいたいところだ。鞍上は本橋孝太騎手

 トランセンデンス(牡3、浦和・小久保智厩舎)は昨年のの2着馬で、南関東転入初戦のを3馬身差で圧勝。今回は初の大井がカギだが、右回りの1800mは経験済みでこなせて良いだろう。重賞2連勝なるか。鞍上は森泰斗騎手

 タブラオ(牡3、大井・荒山勝徳厩舎)は現在3連勝中。いずれも最速の上がりをマークしていて夏以前と比べて成長を見せている。今回は近2走と同じ舞台。一気の重賞制覇があってもおかしくないだろう。鞍上は真島大輔騎手

 シビックドライヴ(牡3、大井・米田英世厩舎)は門別のサンライズC覇者。前走のは3番人気ながら9着に終わったが、外々を回らされたことが響いたか。今回は転入初戦の休み明けとなるが、地力はあるだけに巻き返しを期待したい。鞍上は笹川翼騎手

 他にも、盛岡の南部駒賞を勝ったギガキング(牡3、船橋・稲益貴弘 厩舎)、2連勝中のヒートアップハート(牡3、川崎・内田勝義厩舎)、名古屋の新春ペガサスCで2着のベニスビーチ(牡3、大井・鷹見浩厩舎)、地方重賞6勝馬ノットオーソリティの仔ノットリグレット(牡3、船橋・川島正一厩舎)らも上位争いの圏内。

 発走は16時10分。

■調教追い切り動画




関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す