【地方競馬】サンタアニタダービーポイント、選考対象馬は「なし」に

2021年02月19日(金) 18:14

はくたか特別を勝利したマテーラフレイバー(撮影:高橋正和)

 サンタアニタダービーポイント対象競走の全競走が終了し、その最終結果が19日、TCKより発表された。

【最終結果】
※順位、馬名、性齢、所属、ポイント
1 セイカメテオポリス(牡3、大井・渡辺和雄厩舎、70Pt)
1 マテーラフレイバー(牡3、大井・福永敏厩舎、70Pt)
3 カイカセンゲン(牝3、大井・藤田輝信厩舎、60Pt)
3 ギシギシ(牡3、大井・栗田裕光厩舎、60Pt)
3 タブラオ(牡3、大井・荒山勝徳厩舎、60Pt)
3 トーセンクロード(牡3、大井・橋本和馬厩舎、60Pt)

 この結果、設定ポイント(200Pt)を満たした該当馬がいないため、選考対象馬は「なし」となった。

【サンタアニタダービーポイント】
 北米クラシックの重要ステップレースであるサンタアニタダービー(GI)について、サンタアニタ競馬場がTCK所属馬の出走枠を最大2頭まで提供しており、出走にあたって下記のとおり選定を行う。

・大井競馬場等で実施する2〜3歳戦について、上位馬にあらかじめ決められたレースポイントを付与。2歳春の新馬戦から始まり、(SIII)が最終戦。

・ポイント付与の対象となる馬は、TCK所属馬のみ。他地区およびJRAからの転入馬は、TCK転入後からポイントが付与される。転入馬についてはTCK所属馬として2戦以上出走していることが選定の条件となる。

・設定されたポイント(200ポイント)を満たした馬、もしくはそれに匹敵すると認められる上位馬が選考の対象となり、その後サンタアニタ競馬場と協議し、TCKが出走意思を確認したうえで遠征馬を最大2頭選定する。なおサンタアニタ競馬場との協議の結果によっては、ポイントを満たしていても遠征馬として選定されない場合がある。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す