【リヤドダートスプリント結果】コパノキッキングが差し切り海外初V! 2着マテラスカイで日本勢ワンツー!

2021年02月21日(日) 12:41

W.ビュイック騎手騎乗のコパノキッキングが優勝

 現地時間20日、サウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われたリヤドダートスプリント(3歳上・ダ1200m)は、中団後方でレースを進めたW.ビュイック騎手騎乗のコパノキッキング(セ6、栗東・村山明厩舎)が、逃げ粘るマテラスカイ(牡7、栗東・森秀行厩舎)をゴール前で差し切って優勝した。

 3着は地元のファッザー(牡6、沙・A.アルカタニ厩舎)。

 コパノキッキングは父Spring At Last母セラドンその父ゴールドヘイローという血統の米国産馬。素晴らしい末脚を披露し海外レース初勝利を飾った。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す