【中山記念展望】今年は混戦の様相、あの馬に期待したい

2021年02月23日(火) 06:00

4歳馬ビターエンダーの巻き返しに期待(ユーザー提供:mailaさん)

 近年は国内外のGIを目標とする一線級の始動戦としてメンバーが揃うことが多かったが、今年は登録馬にGI馬がおらず混戦の様相を呈している。小回り中山コースらしい独特の難しさがあって、馬券妙味も十分にある一戦。

1.若い馬が中心

 過去10年で4歳馬は[5-3-5-15]で複勝率46.4%、5歳馬は[4-3-1-20]で複勝率28.6%、6歳馬は[1-3-2-22]で複勝率21.4%、7歳以上馬は[0-1-2-29]で複勝率9.4%。若い馬が中心になるレース。

2.先行力が必要

 過去10年で、4角4番手以内だった馬は[8-7-6-26]で複勝率44.7%。内回りの開幕週ということもあり、差し・追い込みタイプは疑ってかかった方が良さそう。

3.勝ち切るのは中距離馬

 過去10年の勝ち馬延べ10頭中9頭には、それ以前に2000m以上のオープン戦で勝ち鞍があった。唯一の例外である昨年のダノンキングリーも、皐月賞3着、日本ダービー2着の実績があった。内回りの開幕週と言っても、起伏のある中山コース。1800mより長い距離にも対応できるだけのスタミナは必要。

 4歳馬ビターエンダーに期待。前走の白富士Sは0秒4差の6着で好走とはいかなかったが、休養を経て立て直された効果は見せた。中山ではこれまで結果が出ていないものの、オルフェーヴル産駒で先行力もあるからこなせて良いはず。距離短縮も合うだろう。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す