【阪急杯】ベストアクター“再輝”へ!20年覇者1年ぶりも得意の千四で能力出し切る

2021年02月24日(水) 06:00

 じっくりと立て直したベストアクター

 「阪急杯・G3」(28日、阪神)

 ベストアクターが2020年V以来ちょうど1年ぶりに復帰する。早くからここを目標に乗り込まれ、既に能力を出せる状態に仕上がっている。長期休養明けだけに、陣営の思いは熱い。再び存在感を示すことができるか。

 2勝クラス、準オープンに続き3連勝で重賞初制覇を成し遂げてから1年。ベストアクターが戦線に戻ってきた。デビュー当時から脚元が弱く、レース間隔をあけながらの調整だったが、去勢後はコンスタントに使えるようになっていた。しかし、さあこれからという時に、脚元の不安もあって、長期休養を余儀なくされた。鹿戸師は「疲れもあって大事を取りながらの休養だった」と、あせらずじっくりと立て直してきた。

 17日の美浦坂路での1週前追い切りは馬なりで4F52秒8-38秒3-12秒5をマーク。併せたトロワエスポワール(3歳未勝利)をあおるぐらいの勢いだった。「まだ少し太いが、最終追い切りと阪神競馬場への輸送で仕上がると思っている」と調整に不安はない様子だ。

 全6勝を1400メートル戦で挙げていように、最も力を発揮できる舞台だ。また、7歳馬とはいえキャリアは12戦と浅く、使い減りはしていない。「元気だよ。動きも若々しい。昨年はいいメンバーがそろっていたが、とてもいい勝ち方で勝ってくれた。長い休養明けで何とも言えないが、この馬の能力を出し切ってくれれば」と期待を口にした。陣営の熱い視線を背に受け、輝きを取り戻す。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す